フォト

最近のトラックバック

©PETAPPA

« 2009年6月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年6月

大切な家族☆彡レオ☆彡

2010・04・24 レオ♂13歳 天国へ

P7220186
私が今まで一緒に過ごしてきた中で一番体格が良くてだけどとっても臆病な所もあり神経質でだけど新入りがきて受け入れる気持ちに成ったら一杯愛情を注いでくれたレオ

レオとの出会いは神社の境内の下。
買い物に行く途中に大きな神社が有るのだけどたまにその神社に寄ってからお買い物に
行く事も有り神社に入ると仔猫の鳴き声が聞こえてきて声を辿って行ってみると小さい仔猫がクルクル回りながら鳴いていました。
仔猫の事をみているおばさんも居たけど「うちでは飼えないしね…」っと言っていたので私が飼いますっと言ってに連れて帰って家族に成りました

レオはまだ目が開いて間がない時期で野良ちゃんの子供ではないみたいだしとても毛も綺麗だったので多分何処かで飼われているが赤ちゃん産んじゃって面倒みれないから放置したのでしょうね…。

最初の内は哺乳瓶にミルクで粉ミルクをお湯で作っている時には台所まで走ってきて壁]・。)ジー っと出来るの待っていて「ご飯~」って言うといつもあげている場所まで走って行き私が座ると上に乗ってきて腹ばいに成り哺乳瓶を両手と両足でしっかり支えてクピクピ飲んでいました
ミルクから離乳食そして通常缶詰に成ってもビンの中にお水を入れてシャカシャカって音をたてると飛んで来る位でその光景は今でも忘れられない思い出の一つです。

家族に成って1週間後くらいかな…
レオが哺乳瓶を支えながら飲んでいる時に(。´-ω・)ン? あれPhoto
何とレオの右手がチッチャ
この手を見た時にきっと奇形だから捨てられちゃったんだ…って思ったりもしました

レオは色々とレオ独特の癖が有って
とにかくお水が大好きで蛇口からクピクピ飲んだり湯船に溜まっているお水やお湯を飲んだり自転車の籠の中で寝たりするのも
好きだったしミケがレオにしてみたら本当のお母さんだったのでミケのお腹に顔をうずめてフミフミしながらチュパチュパしていました。
ミケのお腹はレオのよだれでビショビショみたいな
レオの爪が伸びている時には「痛いじゃないの~って怒られたりも有ったけどミケもこんな時間が嬉しく思える時も多々有ったんじゃないかな~って

私がドライヤーをかけていると必ずあぐらを組んでいる足の上に何処にいても走ってきて乗ってゴロ~ンってしてドライヤーかけ終わるまでゴロゴロしていたレオ
夏場は私の足がオーバーヒートな~んて事が毎度でした

お布団の中に潜り込むレオも可愛いでしょ~Photo_3

レオはちゃんとミケの事をリュウと一緒に見送ってその後はリュウと相変わらず追いかけっこしたりリュウに攻められるといつも最初にゴロ~ンってお腹を出してリュウの面倒もしっかり見てくれました

でもきっとレオはミケが居なくなって本当は凄く寂しかったんだろうな…って
ずっとずっといつもミケはレオの傍に居たしレオもミケの傍に居たから本当の親子よりも強い絆が有ったのかもPa050267

そしてミケを見送って約半年で・・・
レオは多分何か病気をずっと抱えてきていたのかも知れない。
私も気づかない程・・・もしかしたらレオが気づかれない様にしてくれていたのかも・・・。
一週間前まであんなに元気にリュウと走り回っていたじゃない・・・って思う程・・・

4月24日19時5分頃・・・
具合が悪く成って一週間でミケの元へと旅立ちました
Pc220038_2
この日はリュウが家族に成った日でお誕生日にしている日です。
偶然にもリュウの誕生日と一緒に成るなんて・・・でもきっとレオは寂しがりやさんだからミケの元にいったけど私にも絶対忘れないでってリュウの誕生日を選んだのかなって思っています。
最後はレオかなりきつかったし苦しかったと思う・・・。Photo_5
でも病院で寂しく天国へ・・・はミケ同様絶対にしたくなかったし皆と一緒に過ごした
お別れをしたかったしレオもそう望んでいてくれてたと思います。










レオ・・・。
本当はミケと同じ位生きて欲しかったけどレオとも一杯思い出作れたよね。
楽しい思い出を一杯ありがとう。
そしてミケの傍で又精一杯甘えてね
本当に本当にありがとう
Photo_6

大切な家族☆彡ミケ☆彡

2009・10・02 ミケ♀17歳天国へ

P4130148_2
私が一番頼りにしていた皆に面倒見の良いミケが天国へ旅立ちました。

ミケとの出会いは1匹のさび猫♀ちゃんでお家にご飯もあげていないのに
居ついてしまってすでにお腹が大きい状態でした。
ずっと挨拶に来ているのを見過ごす訳にもいかずに入れてあげる事に。
数日が経ち産まれたのが4匹の赤ちゃん
さび猫ちゃんは出産が終わり落ち着いた所で避妊手術をしてあげました。

これがミケとの出会いでした。
途中は色々と有ったけどなが~く成ってしまうので略します

ミケももちろん避妊手術出来る歳がきて可哀想だけど避妊手術してその後に
チャーミーラッキーレオちーすけリククロちゃん湖太郎かえでっと
里親さまに引き取って貰った子も含め皆と仲良くしてくれてお母さんとして
立派に皆を見守ってきてくれました。
今現在居るリュウのお世話も良くしてくれました。

17年って(もうチョットで18年だったのですが…)本当に早いものですね

これだけの年月一緒に居たのだから本当にミケとは色々な思い出が有ります。
数え切れない位に・・・。

ミケが10歳を過ぎ13歳を過ぎチョットずつ年とってきたな・・・って行動を見ていても
解ってきて心の準備をしておかないといけないよな…って思いつつ
それからも元気に誕生日を迎える事が出来てそれが毎年とても嬉しいって思えた

ミケは病気で病院にかかる事もなく唯一可哀想な事をしたなと思ったのは
小さい頃にどうしても実家へ戻らないといけない時が有りその時に兄弟皆を
動物病院のペットホテルに預けたのだけどその時空調が悪かったみたいで風邪を
ひいてしまって慢性鼻炎と目のウルウルに成ってしまった事・・・

去年の9月初旬位にミケがチョットだけ血尿が出て…。P9020211
でもその後は治まってくれたのだけど結局腎不全に成っていたのかな…。
私個人でずっと思ってきた事は10年以上一緒に過ごしてくれれば凄い事だって
思ってきたしはストレスを抱えやすい生き物だし病院は極力連れていきたく無い
思いも沢山ありミケも最後は静かにで見守ってあげたいと思っていました。

mixiのマイミクさんにも力に成って貰ったりしながら一ヶ月間体力も段々落ちてきて
それでもおトイレだけは自分で行くんだってフラフラしながらもおトイレへと向かうミケ。
ペットシーツをいつも下に敷いていたので「そのまましていいよ…」って何回も
言ったけどずっと頑張ってくれたミケ…。
お水だけは最後までしっかり飲んでくれていました。

P9180234 ミケが一番可愛がって守っていたレオはミケが具合悪く成ってからミケが横に
成っている傍へ行ってはミケの事を一生懸命舐めてくれていました。
きっとレオはミケに頑張って元気に成ってくれ~って言っていたのでしょうね。

そして10月2日午後2時10分過ぎだったかな…。
最後は流石に動く事が出来なくなり・・・
手を握りながらそして最後にミケは手を2回軽くキュッキュッって掴む様にして
静かに天国へと旅立ちました。

一つも苦しむ事もなく静か~に旅立ちました。

良く言う命のロウソクの炎が燃え尽きても少しでも長くみたいな感じで最後の最後まで
頑張って私の傍に居てくれました。

皆のお母さん代わりを一杯してくれて凄く心優しいミケ。
ミケの姿が見えなくなってもずっとずっと一緒だからね。
素敵な思い出を一杯ありがとう
Pa020262
リュウもレオもミケの傍で最後は寝ながら過ごしてくれました。

そしてマイミクさんのご協力も有りミケは最後の最後まで生きる事が出来たと
思っています。
本当にありがとうございましたm(*- -*)m

長い間更新していませんでした(;´Д`)

そしてまたまたお久し振りです

去年からチョット前まで色んな事があり…ブログへ目を向ける事も無かったので
これから又先いつ更新するかわからないけど大きな出来事はチョット日にちが
さかのぼるけど残していこうと思っています。

良かったらお付き合い下さいd(゜ー゜*)ネッ!
そして足跡ならず少しだけでもレスしてくれる方歓迎ですので
足跡残していって下さいね。

ただ私の日記なのでその辺はご理解下さいね。

« 2009年6月 | トップページ | 2011年1月 »

§あやめの家族§

  • ミリュク~~~ゥ( ̄▼ ̄*)ニヤッ
    あやめが今まで可愛がってきたそして今居る子達ちなど全部とはいかないですが紹介して行きたいと思ってこのアルバムを作りました。 ペットに興味のある方は…そしてあやめの事をもっと知りたいと思って下さった方は是非見て下さいね(*^_^*)

Blog Pet

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ